greenandyellow’s blog

音楽を語り尽くすブログです。

Muse 11/14 @横浜アリーナ

 

 

 

本当に楽しみにしていたMuse来日公演、2日目に行ってきました。

 

 

 

この日は時折雨が降っていて寒かったですね。

 

 

僕は15時過ぎくらいに新横浜駅に到着してからグッズの列に並び、無事Tシャツとタオルを購入。

 

 

 

会場の前には大きな看板が立ってました。

 

 

 

f:id:greenandyellow:20171119141753j:plain 

 

それから近くのマック時間を潰し、会場に入れたのは大体18:10だった気がします。

 

 

僕はBブロックの30番代というかなり良番だったのですが、

 

 

なんと運良くBブロックの最前列に行くことができました。

 

 

 

荷物チェックや金属探知が入場時にあったので動員が遅れたからか、20分ほど押してスタート。

 

 

 

ステージには今年のツアーでいつもあった11個のスクリーンがあり、そこに色々の映像が映し出される感じでした。

 

 

 

1曲目は予想通りDig Down

 

 

 

1曲からレーザーの演出が凄くて、ライブで見ると最高でした。まさにMuseソング。

 

 

それからDrill Sergeantが流れ、もちろんPsychoに突入。

 

 

 

Dig Downと違い縦ノリが激しい曲なのでかなり圧がかかってきた。これが最前列かって感じでした。

 

 

そして次にきたのがHysteria

 

 

13日とセトリは3曲変わったんですが、この曲はその1曲目で13日はMap of the Problematiqueをこの位置にやってました。

 

 

 

Hysteriaは2013のSSAでも一昨年のフジロックでも聞いた曲なので正直MOTPの方が聞きたかったんだけど、

 

 

やっぱりこの曲は強い。あのイントロで吹っ飛びますね。

 

 

それからFuzzの発振音が聞こえ、Plug In Baby

 

 

もちろん大合唱で、マシューの声が全然聞こえないくらいでした。

 

 

そしてThe 2nd Law: Isolated Systemが流れ、

 

 

 

遂にあの、Stockholm Syndromeのイントロが。

 

 

 

この曲はMuseの中で間違いなく1番好きなのに、今まで一度も聞くことができなかった曲。

 

 

 

前日はThe Handlerをやってたのでもしかしたらあるかな、と思ってたけど、まさか聞けるとは。

 

 

この曲を聞けただけで今回横浜まで来た甲斐があったと思えた瞬間でした。

 

 

SSの興奮も冷めやらないうちに今度はウェンブリースタジアムでやってた聞き覚えのあるリフのあとににSupermassive Black Hole

 

 

そして続いたのが13日のShowbizに変わってTake a Bow

 

 

 

個人的にはShowbizの方が聞きたかったのですが、この曲が本当に凄かった。

 

 

 

スクリーンに映し出される歌詞や映像、さらに今までになかった数のレーザーがステージから放たれていて、宇宙の中にいるような空間になってました。

 

 

 

個人的にはこの曲が1番のハイライトだったような気がします。

 

 

 

それからNew Kind of Kickが流れ、お馴染みのMadnessがスタート。

 

 

 

そしてDronesからDead Insideと、マシューがマイクを持って熱唱する2曲が続きました。

 

 

 

その後マシューがはけて、ドムとクリスのMunich Jamへ。

 

 

 

ここはクラスの見せ所、といった感じでした。

 

 

f:id:greenandyellow:20171121230039j:image

 

 

それからマシューが高級そうな大きな法被みたいなのを着て出てきて始まったのがStarlight

 

 

 

アリーナを駆け回ってたみたいですが、残念ながら僕たちの前には来てくれなかったです。

 

 

そしてその法被を着たままTime Is Running Outへ。

 

 

服装と曲のイメージが全く合ってなかったような気がしますが、なんか祭りっぽい雰囲気でこれはこれで良かったのかな?

 

 

そしてMercy

 

 

この曲はフジロックでも1番印象的だった曲で、今回も同じように紙テープやら何やら色々飛び出してくる演出がありました。

 

 

 

f:id:greenandyellow:20171121230700j:image

 

  

この日見た中で1番壮大で、まさにMuseって感じでした。

 

 

 

Mercyでもう既にライブが終わっても良いような達成感があったのですが、それから続いたのがThe Globalist

 

 

この曲はあまり聞き込んではいなかったんですが、10分ほどの尺の中にMuseの音楽性を全て積み込んであるような感じがしました。

 

 

フジロックの後のツアーからやり始めた曲みたいで日本のファンは聞けなかったので、今回聞くことができて良かったです。

 

 

 

そしてDronesの映像が流れ、始まったのがUprising

 

 

この曲もStarlightと同じようにマシューがギターを持たずに熱唱する曲で、Museの中でもかなりのアンセムだと思います。

 

 

もう終わりは近いとわかってたので、ここぞとばかりに自分も歌いまくりました。

 

 

そして最後はもちろんKnights of Cydonia

 

 

クリスのハーモニカが聞こえてきただけでもう終わりか…という悲しみもありましたが、この曲がやっぱり1番盛り上がってました。

 

 

Aメロと終盤の2つのギターリフ、両方ともみんな爆発的に盛り上がっていて、ここまでライブに合う曲はないと毎回思います。

 

 

 

今まで3回聞いたKOCの中でも1番楽しかったです。

 

 

 

そして最後に3人が前に出てきて挨拶をして、終了。

 

 

 

今まで見た中で1番良い位置で見れて、しかもSSも聞けて、Take a Bowも聞けて、全てが最高でした。

 

 

Museのライブが悪かったことは一度もないのですが、今回のライブが今まで3回見た中で1番楽しくて素晴らしかった気がします。

 

 

次くるのは次のアルバムのツアー頃だと思うけど、その時まで待ちきれない。

 

 

思い出をありがとう、Muse!!!!

 

 

f:id:greenandyellow:20171121233345j:plain