greenandyellow’s blog

音楽を語り尽くすブログです。

Coldplay 4/19 @東京ドーム ②

 

 

 

 

そしてライブ当日。

 

 

 

①でも書いたようにVIP席を取っていたので、グッズを12時から14時くらいまで優先的に買うことができた。

 

 

 

たしか会場に着いた時には12時10分過ぎくらいだったと思うが、

 

 

 

もうかなりの人数の外国人が(チケット交換のため??)ドームの2階の脇に並んでいた。

 

 

 

それに、VIP以外のチケットの人、すなわち14時からグッズを購入できる人たちももう並んでいた。

 

 

 

結構暑かったと思うんだけど……そんな人たちを見ながらスタッフにチケットを提示し、無事Tシャツとタオルを購入。

 

 

 

毎回ライブに行くとタオルかトートバッグを買っているので、今回くらいはパンフレットとかにすればよかった。

 

 

 

これで一旦用事は済んだので、退散。

 

 

 

それから大体17時半くらいにまた会場に戻った。

 

 

 

チケットは売り切れているのでもちろん人は大勢いるのだが、

 

 

 

流石Coldplay、外国人もかなり多い。

 

 

 

入場してVIPの特典であるラミネートパスとポスターを貰い、席に移動。

 

 

 

もともとチケットの番号をみたときからわかっていたが、アリーナでもかなり後ろの方だった。

 

 

 

ステージからの花道の先端からも結構離れていたので、基本メンバーは肉眼ではそんなに見えない。

 

 

 

が、正面だったので、演出自体は楽しめるような席になっていた。

 

 

 

そして18時ちょうど、オープニングアクトRadwimpsが登場。

 

 

 

今回のソールドアウトはラッドのせい、とかTwitterで呟いてた人もいたので、自分もそれも一理あるのかな、と思っていた。

 

 

 

なので、ラッドが始まった瞬間にかなり盛り上がるのかなーと思ってたが、

 

 

 

僕の周りでは立ち上がって聞いてたのも半分くらいの人で、正直そんなに盛り上がりはしなかった。

 

 

 

数曲知ってる程度なのだが、その数曲のうち何曲かをやってくれたので、僕は立ち上がって見てた。

 

 

 

ただ驚いたことにColdplayしか聴かない人でも知ってるような

 

 

 

前前前世をやらなかった。

 

 

 

野田くんが「ありがとうございましたー」と言って終わった時には周りが少しキョトンとしていた。

 

 

 

そして50分のラッドも終わり、ついにコールドプレイ。。。。。

 

 

 

19時10分、恐らく世界中で公演ごとに作っているであろうファンのメッセージの映像を流し、

 

 

 

数え切れないほどの演出(覚え切れない。紙吹雪が飛んだり、爆発が起こったり)があり、

 

 

 

メンバーが登場、A Head Full of Dreamでスタート。

 

 

 

f:id:greenandyellow:20170617011800j:image

 

f:id:greenandyellow:20170617011824j:image

 

 

 

待ってたよ、こんな圧倒されるようなショウが見たかった。

 

 

 

 開始早々自分が今まで見たライブのなかで1番ビッグで派手でスケールがでかいと悟ったのだが、

 

 

 

2曲目でYellowを披露。

 

 

 

2曲目で1stから、しかも落ち着いた曲を持って来られたので、

 

 

 

 

この数分の間で次元を移動したような、現実に戻されたような気分になった。

 

 

 

というのもこの曲は彼らを知った頃から大好きで、何度もライブ映像をみている。

 

 

 

だから、急に今自分がコールドプレイを見てる、と思い知らされたのかもしれない。

 

 

 

2曲目で早々と泣きかかったが、

 

 

 

3曲目でEvery Teardrop Is a Waterfall

 

 

 

この曲を聞いたら宇宙兄弟を思い出す人も多いかもしれないが、

 

 

 

僕は2012年のパラリンピックを思い出す。

 

 

 

たしかこの曲は最後にやってたはず。

 

 

 

歌詞もすごいいいんだけど、何より元気が出るし、彼らのスケールのでかさを感じる。

 

 

 

そして、次にやったのが、The Scientist

 

 

 

この曲は………もう表現しきれないくらい好き。

 

 

 

いつのことだか忘れたが、渋谷のレコファンで5枚買ったら1枚につき200円びきのキャンペーンがあって、

 

 

 

そのラスト1枚、適当に入荷したての中古CDコーナーからとったのが彼らの2ndだった。

 

 

 

そして4曲目のこの曲が大好きになった。

 

 

 

シンプルなんだけど悲しい歌詞とメロディ。

 

 

 

当時はまだ中学生だったけど、何か大きなものが胸に突き刺さったような気がした。

 

 

 

その曲をまさか聞けるとは。

 

 

 

自分がものすごい贅沢なことをしていると悟った。

 

 

 

その次は新作からのアップテンポな曲、Birds

 

 

 

アルバムの中では特別好きな曲ではないのだが、

 

 

 

実際生で聞いてみると、巨大なスクリーンに映る映像も素晴らしくて、少し感動した。

 

 

 

そして次はParadise

 

 

 

この曲もさ先ほどのETIAWのようにスケールがでかくて、歌詞も彼らっぽい感じの曲。

 

 

 

アウトロはTiëstoのリミックスしたEDMだった。

 

 

 

そして次はBステージ(今までのはメインステージでやっているのでAステージらしい)。

 

 

 

 

メンバーが花道の先端の丸い部分に立って演奏する。

 

 

 

つまり、自分からは1番近い位置で見れることになる。

 

 

 

Bステージ1曲目は、前作からAlways in My Head

 

 

 

正直ローテンポで暗い曲なので、あまり好きではない曲。

 

 

会場の静かな雰囲気がもの凄い伝わってきた。

 

 

 

そして次は前作の代表曲、Magic

 

 

 

改めて思うけど、前作は本当に静かだったなー。

 

 

 

ただこの曲はずっと同じコード進行で、クリスの声と歌い方がちゃんと伝わってきてとても良かった。

 

 

 

 

そしてBステージ最後の曲はEverglow

 

 

 

この曲はピアノが前面にでたバラード、といった印象だったのだが、

 

 

 

自分の位置からまわりの合唱が結構大きく聞こえてきて、それがとても美しかった。

 

 

 

曲の途中でクリスが感謝のメッセージを伝えていた。

 

 

 

因みに僕の席の後ろがアメリカ人???だったのだが

 

 

熱狂的ファンらしく、死ぬほどうるさかった。

 

 

 

クリスが喋るごとに、誰よりも声をあげていた。

 

 

 

そしてメインステージに戻ってからは、③に記す!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

Coldplay 4/19 @東京ドーム ①

 

 

 

Coldplay、といえば僕の中では現在世界で1番売れていて人気のあるバンド、といった感じである。

 

 

 

前から大好きなバンドで、いつかは生で見てみたいアーティストのひとつだった。

 

 

 

新作のAHFODが発売されたのは2015年の12月で、

 

 

 

それからライブが発表されるごとにTwitterをチェックしていた。

 

 

 

そしてついに11月にアジアツアーが発表されて、東京ドーム公演が決定。

 

 

 

最初に東京ドームと聞いたときには、正直言って埋まるのか心配していたのだが、

 

 

 

結果チケットは発売後5分くらいでソールドアウト。

 

 

 

僕は一般でも余裕に取れるだろう、と思っていたのだがそんなことは全くなかった。

 

 

 

発売してから30分くらいたったときに、TwitterでVIP席が少しだけ復活していると見て、

 

 

 

まさかと思ってぴあのページを確認してみると、なんと少しだけ残っていた。

 

 

 

個人的にはSS席を希望していたのだが、そんなこと言ってられない。

 

 

 

気付いたときにはVIP席(3万円)のボタンを押していた。

 

 

 

そして公演のちょうど1週間前、VIP席のグッズの内容が公表された。

 

 

その内容は

 

・特製ラミネートパス

・B2サイズ公演ポスター

・VIP専用入り口

・グッズ優先購入権

 

 

舐めてるのか???

 

 

というのが正直な感想だった。

 

 

 

海外の公演でのVIPの特典としては、

 

 

 

高級そうな手帳にポールペンや、トートバックなど、

 

 

ちゃんとしたVIPっぽい特典が付いてたのに

 

 

こっちはポスター???

 

 

 

しかも当日確認してみたら恐らくCreativemanが宣伝用に作った非売品のポスター。

 

 

 

これの余ったぶんをVIP特典にして消化しようとしていたとしか思えないのだが、、、

 

 

 

ただグッズの優先購入権は良かった。

 

 

 

というのも、当日はVIP以外の客のグッズ購入列が酷かったみたいので。

 

 

 

席に関していえば、VIP席は全員がアリーナだった。

 

 

 

SS席も運がいい人はアリーナのVIP席の後ろの方に席があったようだ。

 

 

 

後ほど記載するが、僕はその席の中でもかなり後ろの方だった(正面ではあった)。

 

 

 

②につづく。。。。

 

 

 

 

 

 

 

サマーソニック 2017について

 

 

 

今年のサマソニについて。

 

 

 

 

去年は忙しかったので、金も時間もかかるフジロックには行かないと決めていた。

 

 

 

 

そこでサマソニの第1弾発表でまさかのRadiohead

 

 

 

これは行くしかないと思い2回目のサマソニを満喫してきた。

 

 

 

そして今年のラインナップ、個人的には正直あまり期待していなかった。

 

 

 

と言うのも、去年Radioheadとゆう切り札を出した感じがしたので、

 

 

 

今年は2014年以来の控えめなラインナップになるのではないかと思っていた。

 

 

 

そして第1弾発表、、、、、

 

 

 

自分は「悪くはないんだけどな、、、」

 

 

 

といった感じだった。

 

 

 

ヘッドライナーには今世界で1番人気があり、稼いでいると言っても過言ではないDJ、Kalvin Harris

 

 

 

日本ではかなり人気のある5SOS

 

 

 

もうイギリスでは準ヘッドライナークラスを任されることになっているRoyal Blood

 

 

 

そして海外ではヘッドライナークラスのPhoenix

 

 

 

他にもCharli XCXやJusticeなど、サマソニっぽいどっちかと言えばポップで若者受けのいいラインナップだと思った。

 

 

 

確かに良いんだろうが、個人的にはあまり聴かないジャンル(EDMは少し聴くのだがそこまで詳しくはない)もあったり、

 

 

 

 

去年に続いてパンクバンドに力入れすぎじゃないか??と思う部分もあった。

 

 

 

 

それからも色々発表があり、もう一組のヘッドライナーが気になっていたところで

 

 

 

 

Foo Fightersが発表された。

 

 

 

フーファイは、20年以上もキャリアを積んでいるのにサマソニに出るのは初めてで、

 

 

 

今年はグラストンベリーでもヘッドライナーをやる予定だし、ライブもものすごいものになりそう。

 

 

 

僕も大好きなバンドで、来日してほしいといつも思っているバンドなのだが、、、、

 

 

 

彼らは2015年にフジロックに出たばっかり(もちろん僕も見に行きました)

 

 

 

そもそも海外の音楽が好きな人にとっては、1日で色々なアーティストを観れるフジロックサマソニは大きな存在である。

 

 

 

地方に住んでいる人でも、毎年フジロックサマソニだけでも行こう、と思っている人も少なからずいると思う。僕もついこの間までそうでした。

 

 

 

だから、やっぱりできるだけ色々なアーティストを目にしたいって思いもある。

 

 

 

そう考えると、前回のフジロックから2年しか経っていないのに、 ヘッドライナーとゆう大きな枠にフーファイを入れたのは、個人的には少し残念(見たいことには見たいですが)

 

 

 

そうゆう点では海外と日本とでの人気の差が大きいアーティストを呼ぶのは難しいのだろうが、

 

 

 

今後はフジロックサマソニも、どんどんそんなアーティストに挑戦してほしいと思う。

 

 

 

とは言いつつも、Royal Blood→MWAM→Foo Fightersの流れは最高だと思うし、

 

 

 

東京1日目のマウンテンステージのヘッドライナーヘッドライナー、Kasabianも凄いライブを見せてくれそう。

 

 

 

彼らは新作が素晴らしかったので、正直フーファイの日よりこの日に気持ちが傾きつつもある。

 

 

 

今年は行くかまだ迷っているが

 

 

 

毎年楽しいのは皆さんわかっている通りだと思うので

 

 

 

僕も出来れば参加したいと思います。

 

 

 

 

Norah Jones 4/14 @日本武道館

 

 

 

今年3回目のライブは前回のFOBとは打って変わってのジャズ、Norah Jones

 

 

 

僕が行ったのは東京公演2日目。

 

 

 

毎回どの公演も即日ソールドアウトなので、ウドーの無料会話に登録して先行予約しておきました。

 

 

 

アリーナを期待してたが南西スタンド、と記載されていたので

 

 

 

 

もしかして見にくいのでは、と思っていた(実際は全くそんなことなかった)。

 

 

 

ノラは前から知っていたのだが聴きこみ始めたのは最近で、

 

 

 

たまたまSpotifyで聴いたらとても感動したのがきっかけ。

 

 

 

 

その頃から次に来日したら絶対見に行くぞ、と思っていたので、

 

 

 

 

結果とても良い機会になった。

 

 

 

当日は開場時間に武道館に着いて、トートバッグ、タオルを購入。

 

 

 

 

 f:id:greenandyellow:20170603201834j:image

 

 

 

 

ちなみに自分は武道館に初めて入ったのだが

 

 

 

意外と小さかった。

 

 

 

 

席からはこんな感じで、結構見やすかった。

 

 

 

f:id:greenandyellow:20170603202551j:image

 

 

 

18:30丁度に客電が落ち、前座のAloysius 3がスタート。

 

 

彼らは今回のバックバンドだった。

 

 

 

札幌公演では前座があることを知らなかったとゆう客がステージに向かって文句を言いだしたとTwitterで見たが、

 

 

 

オフィシャルサイトにも、当然チケットにも記載してあったので、完全に客側の問題である。

 

 

 

この日はそんな野蛮な客はいなかった。

 

 

 

彼らの演奏が終わり、20分の休憩が入って、19時半にNorah Jonesが登場。

 

 

 

 

毎日セットリストを変えてきてるので、1曲目から気になっていたのだが、

 

 

 

新作の1曲目、Burnでスタート。

 

 

 

風邪をひいてると聞いていたのだが、全くそんなことを感じさせないいつもの歌声。

 

 

 

1曲目からかなり癒されている。

 

 

 

2曲目も新曲、Tragedyと続き

 

 

 

3曲目は前作から自分の好きな曲、Out on the Roadをやってくれた。

 

 

 

この曲は藤原さくらもカバーしていた(https://youtu.be/0qtAalowca8)

 

 

 

ちなみに、藤原さくらもこの公演を見に来ていたようだった。

 

 

 

 

改めて聞いてみると、今作はよりジャズの根本に戻った気がする。

 

 

 

そして続いても大好きな曲、What Am I to You?を披露。

 

 

 

最近やってない曲みたいだったので、ラッキーだったかもしれない。

 

 

 

その後はSinkin' Soonに続いてニールヤングのカバーのDon't Be Denied

 

 

 

そして前作からSay Goodbye

 

 

 

個人的に今までとは違った曲調の曲が多い前作はかなり気に入っていて、

 

 

 

この曲の少し色っぽく歌ってる感じが堪らなく好き。

 

 

 

それを生で聞けるのは、幸せ以外のなにものでもなかった。

 

 

 

その後Rosie's Lullaby、デンジャーマウスのカバーのBlackが続き、

 

 

 

The FallからのTell Yer Mama

 

 

 

続いて同じくThe FallからStuck

 

 

 

この曲も大好きな曲である。

 

 

 

ライブではノラがギターを持ってクランチっぽい音を鳴らし、

 

 

 

横では心地よいコーラスのかかった音をメインギターが鳴らす。

 

 

 

最後はみんなでジャムっぽくなって、ドラムはセットが壊れるのではないかと思うくらい激しく叩いていた。

 

 

 

 

そして新作からAnd Then There Was You

 

 

 

 

そしてみんなお待ちかねのDon't Know Whyを披露。

 

 

 

今回はほぼノラ1人でのピアノの弾き語りでゆっくりめのアレンジだった。

 

 

 

イントロがなった瞬間にこの日1番の拍手で、会場全体が聞き入っていた様子だった。

 

 

 

 

その後もピアノの弾き語りでLittle Broken Hearts 

 

 

 

それからバンドも戻ってきてTravelin' On

 

 

 

そして新作からアップテンポのFlipside

 

 

 

Mステでも披露していたCarry Onをやって本編終了。

 

 

 

アンコールではメンバーがステージの右端に集まって、

 

 

 

フォーク調にアレンジしたSunriseCreepin' InCome Away With Meで終了。

 

 

 

この3曲は言うまでもなく代表曲なので、アンコールでこれをフォーク調にやるのは定番のようだ。

 

 

 

 

時計を見てみると21時ちょっとくらいで、あっという間の1時間半だった。

 

 

 

大好きなノラジョーンズの曲と声に癒されて、本当に至福の時間だったと思う。

 

 

 

 

毎回ほとんどの公演を即ソールドアウトさせるのがわかったような、そんな1時間半だった。

 

 

 

 

フジロック2017について

 

 

 

 

 

まだライブレポは3つ残ってるんですが、ここで今日ステージ割が発表されたフジロックについて。

 

 

 

 

今年は第1弾が発表されてから今までにないくらいの反響で、個人的にもテンションが上がりっぱなしです。

 

 

 

 

とゆうのも、ヘッドライナーにGorillaz,Aphex Twin,Bjork

 

 

 

 

そしてその次にThe xx、Queens Of The Stone AgeCorneliusLCD Soundsystem、Lorde、Major Lazor、、、

 

 

 

 

本当に日本のフェスなのか??と疑われても仕方がないラインナップ。

 

 

 

特にホワイトステージのヘッドライナーのQOTSALCD Soundsystem、Major Lazorは世界が羨まむラインナップである。

 

 

 

他にもFather John MistyやThe Avalanches、AsgeirやReal Estateなど、

 

 

 

豪華な上に、 ''フジロックで見てみたい'' 

 

 

 

ラインナップが実現したように思える。

 

 

 

特に僕が気にかけているのは、2年前のフジロックではキャンセルをくらい、1月の来日公演にも行けなかったCatfish And The Bottlemenである。

 

 

 

彼らのファーストは死ぬほど聴いたし、セカンドも素晴らしかった。

 

 

 

本当に好きなバンドなのに、今まで見れなかった。

 

 

 

今日の発表でホワイトステージの準ヘッドライナーとゆう自分にとっては完璧なシチュエーションで見れることが確定した。

 

 

 

残念なことにCATBと同じくらい見たいThe xxがグリーンステージの準ヘッドライナー、

 

 

 

そしてFather John Mistyがフィールドオブヘブンの準ヘッドライナー、、、彼は諦めるしかないようだ。。。

 

 

 

なのでThe xxと少し時間が被ってしまうのは避けられない(ラインナップが凄いとその分 ''被り'' も凄い)。

 

 

 

しかもその日のヘッドライナーはGorillaz

 

 

 

グリーンとホワイト間を走り回るのは目に見えている。

 

 

 

なので、今年の金曜は夜まで体力を温存することを心がけたい。

 

 

 

金曜のみならず、今年は土曜日曜も被りが壮絶である。

 

 

 

そして先行販売の時点で3日券が売り切れている販売店もあるそう。

 

 

 

確かにこのラインナップで売り切れないのは正直理解できない。

 

 

 

自分は売り切れた年には行ったことがないので、今年も去年のように大賑わいになってほしいな。

 

 

 

人が大勢集まるフジロック、楽しみにしています。

 

 

 

 

 

 

 

Fall Out Boy 3/23 @新木場 Studio Coast

 

 

 

 

今年2本目のライブはスタジオコーストでのFall Out Boyだった。

 

FOBでは2013年のサマソニで灼熱の中アリーナまで下りて見たバンドで、

 

個人的にはパンク、エモとゆうジャンルの中では好きなバンド。

 


とは言っても公演が発表されたときは金もないし行けないかな、と思っていたのだが、

 

前からFOBを見たいと言っていた友達に誘われ、じゃあ行こうか、となって行くことにしました。

 


チケットは主催者の先行予約(先着)の時点でとっていたので、

 


整理番号は500番、501番という良番。

 


当日、グッズの先行販売があるとのことで会場に着いたのは17時半くらいだったのだが、

 


結構並んでいて、買い終わったらもうすぐ開場、とゆう感じだった。

 

入ってすぐドリンクチケットとコーラを交換して一気飲みして

 

前から3,4列目に入った。

 

ステージにはいつものように垂れ幕ではなく、大きなスクリーンがあり、

 

そこに映像を映し出すとゆう演出だった。

 

定刻から10分ほど遅れて照明が落ち、

 

新作の1曲目、Irresistibleでスタート。

 

個人的に新作にはあまり馴染めずにいたが、意外にライブ映えする曲だった。

 

そして、なんと2曲目にFOBの最強アンセムかつ自分の1番好きな曲、


Sugar, We're Goin Downをプレイ(最後の方にやってほしかった)。

 

うん、やっぱこの曲は大好きだな。。。

 

 

そしてThePhoenix、Alone Togetherときて

 

 

なんと ""The Take Over, The Breaks Over""をやってくれた。

 

 

この曲は最初に聴いたアルバム、Infinity On Highの中でもとりわけ好きな曲で、

 

 

 

いつか生で聞いてみたいと思っていた曲だった。

 

 

その曲をまさか4年越しで聞けるとは……

 

 

 

その後はパトリックがピアノを弾いてSave Rock and Rollをプレイ。

 

 

スクリーンにはDavid Bowieも映し出されて、

 

 

ちょっと感動的だった(何故かボウイが写ってもそんなに盛り上がってなかった。みんな知らないのだろうか???)

 

 

 

その次には前の日にはやってなかったHum Hallelujah 、

 

 

新作の中では1番好きなUma ThurmanベイマックスのImmortalsをやってくれた。

 

 

 

そしてお馴染みDance,DanceやI Don't Care、Thnks fr th Mmrsをやり、

 

 

 

Centuriesで本編終了。

 

 

 

その後みんなでMy Songs Know〜の掛け声を合唱、予想通りメンバーが出てきてこの曲をプレイ。

 

 

 

その時はこれくらいの位置でパトリックを見ることができた。

 

 

 

 

 

 

最後はもちろんSaturdayで終了。

 

 

 

ここ数年パンクバンドのライブはあまり見ておらず、モッシュの激しさも久しぶりだったのだが

 

 

 

意外と楽しめて、次には来日したときにも見て見たいと思えた、良いライブだった。

 

 

 

彼らはまたアルバムを出すみたいで、この間Beats1でたまたま新曲を聴いたのだが、

 

 

 

今まで以上にエモ要素は薄れ、あまりライブ向けではないようなイメージだった。

 

 

 

正直良い曲、とは言い難いが、

 

 

 

彼らの今やりたいことなのだろう、とは自然に思えた(Linkin Parkも同様)。

 

 

 

ともかく、新作も楽しみにしています。

 

 

 

 

 

 

Travis 2/13 @Zepp DiverCity

新年1発目のライブは大好きなグラスゴー出身のバンド、Travisでした。




前に2014年のフジロックで見たのですが、それが自分の人生の中で見た最も素晴らしいライブの1つで、




信じられないくらい感動したものでした。




なので今回は足を運ぶことにしました。




セットリストは



Setlist



僕はTravisの単独公演は売り切れるものだとおもっていたのですが、




昨年もフジロックに出ていましたし、その前にはHostessのイベントにも出ていたので




全日程当日券のあるような感じでした。




僕はかなり前の方へ行って




f:id:greenandyellow:20170514204826j:plain



これくらいの位置で見ることができました。




1曲目は新譜のタイトル曲、Everything At Onceで




2曲目には早々とSingを演奏してくれました。




その後はいつもと変わらず Selfish JeanやWriting To Reach Youなどの初期の名曲もやって、




自分の1番好きなTurnで本編は終了。




アンコールではFlowers In The Windowから新譜の3 Miles High、




そして最後はもちろんWhy Dows It Always Rain On Me?  で終了でした。





この日以外はAs You AreがLove Will Come True、




3 Miles HighがMy Eyesに変わっていました。




個人的には聞きたい2曲でしたが、As You Areも3 Miles Highも聞いたことがなかったので




運が良かったと思います。




Travisのライブは本当に幸せになれるので、次に来日しても絶対に行こうと思います。




最後に写真を。



f:id:greenandyellow:20170514205927j:plain     





f:id:greenandyellow:20170514205957j:plain




次はまた、フジロックで見たいな。